富来の醤油屋

【店舗設計】石川県羽咋郡志賀町
【店舗設計】石川県羽咋郡志賀町カネヨ醤油

photo by studio of shotaro okada

石川県能登地方にある醤油屋である。この醤油屋は一敷地内で約4棟の木造建築(作業場)が敷地中央を取り囲むように形成し、まるで円村のような佇まいである。そのうちの1棟は明治から建つ民家であったが2007年に日本海で発生した能登半島地震の影響を受け、建物には幾つかの損傷が見受けられた。今回の改修ではそれらの修復、構造強度の向上、及び物販店舗スペースを新設するということが目的となった。計画に先立ち、店舗を新設する民家の屋根裏に上がらせてもらうと、そこには立派な井桁が組まれており煤竹が所狭しと並んでいた。せっかくであればこの立派な梁は現しとし、煤竹は下屋の天井に吹き寄せの材として用いようと考えた。カウンター正面の組子はかつてこの民家の玄関で使われていた欄間を再利用したものである。現代の機能と古い時代の風格との調和を計った。

【店舗設計】石川県羽咋郡志賀町
内観 店舗正面を見る
【店舗設計】石川県羽咋郡志賀町
内観 レジカウンターと商品陳列棚によって物販スペースと事務スペースを分離しつつ、空間は一つながりとした
【店舗設計】石川県羽咋郡志賀町
内観 店舗右側を見る
【店舗設計】石川県羽咋郡志賀町
内観 店舗左側を見る
【店舗設計】石川県羽咋郡志賀町
内観 店舗左側を見る
【店舗設計】石川県羽咋郡志賀町
レジカウンターの組子は既存建物の欄間を再利用した
【店舗設計】石川県羽咋郡志賀町
内観 店舗正面を見る
【店舗設計】石川県羽咋郡志賀町
外観 正面を見る

photo by studio of shotaro okada